2010年03月18日

パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)

 バンクーバー・パラリンピック第5日の16日(日本時間17日)、アルペンスキー大回転の男子座位が行われ、鈴木猛史(駿河台大)が銅メダルを獲得した。

 胸に初めてのメダルを光らせた鈴木。メダルセレモニーでは、あふれんばかりの笑顔を見せた。17歳で出場した前回トリノ大会では、風邪で実力を出し切れなかった。「トリノのリベンジをバンクーバーで」を、見事に果たした。

 小学2年の時に交通事故で両脚を失った。小学3年から始めたスキーは、上達し急斜面を滑るようになると、段々と怖くなってきた。そんな時、地元・福島県猪苗代町の小学校に、長野大会アルペンスキー回転の金メダリスト、志鷹昌浩さんが講演に訪れた。

 9歳の少年は思い切って質問した。「急斜面は怖くないですか」。答えは予想外。「怖いならスキーをやめなさい」。弱さを指摘され、悔しくて見返してやろうと思った。

 4年前は、自分にすら負けた。そして今回。「ゴールして自分の名前が(その時点で)一番上にあった」。この感激が、さらなる挑戦への闘志の源となる。【芳賀竜也】

【関連ニュース】
パラリンピック:大日方、集大成の戦い
パラリンピック:大日方が銅…日本初メダル 女子回転座位
パラリンピック:鈴木と大日方が「銅」 アルペン大回転
パラリンピック:大日方が2個目の銅
パラリンピック:住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し

朝鮮学校も無償化対象に=日教組(時事通信)
児童ポルノDVD販売で生活費稼ぐ 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
地下鉄で「衝突の恐れ」=ポイント上で緊急停車−大阪市(時事通信)
<愛子さま>宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題(毎日新聞)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)
posted by アンザイ アキツグ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で−赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は12日の閣議後会見で、大西洋・地中海産クロマグロ(本マグロ)の国際取引禁止案を欧州連合(EU)が支持する方針を打ち出したことなどに関連し、「(禁止案を支持する国が)いろいろなところに影響力を発揮しているので、そうならないよう(日本として関係国に)改めて働き掛ける」と語った。
 カタール・ドーハで13日開幕するワシントン条約締約国会議が禁止案を可決するのを避けるため、採決直前まで外交努力を続ける姿勢を強調した発言だ。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
クロマグロ取引継続に全力=禁輸現実味で水産庁
マグロ禁輸阻止へ署名=築地市場の仲卸業者ら

新潟副知事に国交省の大野氏(時事通信)
日弁連会長に宇都宮氏、路線転換訴え主流派破る(読売新聞)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)
鳩山邦夫氏 自民党に離党届を提出(毎日新聞)
<教師政治活動>罰則科す改正案提出 自民・みんな(毎日新聞)
posted by アンザイ アキツグ at 06:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)

 乳幼児が最もかかりやすい呼吸器感染症の一つ「RSウイルス感染症」の患者数が例年を上回るペースで増えていることが国立感染症研究所の調査で分かった。例年の流行は1月に終息するが、今シーズンはインフルエンザの流行が新型のため早まった影響でピークが遅く、春先まで注意が必要と見られる。乳幼児を持つ母親の7割が同感染症を知らないという調査結果もあり、専門医は手洗いの励行や早めの受診を呼びかけている。【関東晋慈】

 感染研によると、症状はせきなど呼吸器症状が主で、早産児や基礎疾患があると重症化しやすく、肺炎やまれに呼吸が止まって死亡するケースがある。感染力は強く、せきの飛沫(ひまつ)や接触などから感染すると考えられる。

 流行期は例年11月〜翌年1月で、2歳までにほぼ全員が感染し、その後も感染を繰り返す。

 感染研が全国約3000の小児科から受ける患者報告数によると、今シーズンは例年流行が終息する1月25〜31日の週に過去最多の計4742人を記録。その後3週連続で減少しているが、最新の2月15〜21日の週も計3901人とピーク時並みの患者数が報告された。また、同感染症について製薬会社アボットジャパン(東京都港区)が2歳未満の子どもを持つ母親計1万393人を対象にインターネットで意識調査した結果、約71%(7398人)がこの感染症を知らなかった。

 同感染症に詳しい楠田聡・東京女子医科大教授(新生児学)は「流行が遅れると規模が大きくなる傾向があり、子どもがせきなど苦しそうにしていたら早めの受診を心がけてほしい」と呼びかけている。

 【ことば】RSウイルス

 世界中で、年齢を問わず感染、発症している。乳幼児では肺炎の約50%、細気管支炎の50〜90%を占めるとされる。何度も発症するが、通常は再感染するたびに症状は軽くなる。国内では年間2万〜3万人が入院していると推測される。

【関連ニュース】
入れ歯安定剤:自主回収 健康被害の恐れ
血栓薬「t−PA」:組織再生効果を確認 東大チーム
認知症治療薬:小野薬品工業など承認申請…皮膚に張り吸収
がん細胞:守るたんぱく解明…新薬開発に道 都臨床研など
自主回収:大手製薬GSKの入れ歯安定剤、健康被害の恐れ

近鉄百貨店従業員情報4495人分が紛失 私物HDにバックアップ(産経新聞)
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏(産経新聞)
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)
進むボーダーレス化 「開放」か「鎖国」か正念場(産経新聞)
マンション修繕で1100万円詐取 容疑の弘道会傘下組長ら逮捕(産経新聞)
posted by アンザイ アキツグ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。