2010年01月26日

鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)

 村山内閣から小泉内閣で事務の官房副長官を務めた古川貞二郎氏が22日、自民党本部で開かれた党の会合に出席し、鳩山政権が掲げる政治主導に「疑問がある」と批判した。具体的には(1)政治主導と政治家主導の混同がある(2)公務員を排除する傾向がある(3)行政・統治システムの大幅な変更が拙速すぎる−と指摘。「変更する場合の手順を十分踏むべきなのに、非常に独善的な感じがする」とも述べた。

【関連記事】
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
「G7で人民元を議題に」菅財務相が火消し 全面否定で中国に配慮 
傷口広げた政治判断の遅れ…日航経営破綻
小沢氏が民主党に「破滅」もたらす 英紙論評

こんにゃく粉密輸入=白滝と偽る、業者告発−横浜税関(時事通信)
側近逮捕にも変わらぬ支配力 小沢チルドレンは断固支持(スポーツ報知)
緊急発進、5年で最多=4〜12月、ロシア機が6割超−防衛省(時事通信)
<奈良・若草山>春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
posted by アンザイ アキツグ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。